メタボ健診(特定健診)は、2008年4月に義務化されました。
特定健康診査および特定保険指導のことで、深刻な状態にならないと治療しない生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの病気を見直すための指導をする検査です。

スポンサードリンク

メタボ健診(特定健診)

メタボ健診(特定健診)は、国民健康保険を営む市町村や会社の健康保険組合などで検診の義務化が取り上げられています。
健康保険に加入している40歳から74歳の人が対象です。

4つの検査項目があり、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値を測定し、一定の基準値を超えた人を対象に指導も行っています。
通常の健康診断と異なる点は、この指導があるというところです。

最近では、日本でも食生活の欧米化が進み若い人の運動量が減るなどの理由から、肥満や隠れ肥満になる人がかなり増加しています。
肥満は、合併症を伴う生活習慣病に繋がるとされ、健康な状態とは正反対であると言えます。

メタボ健診(特定健診)は、深刻な状態になる前に肥満などの病気を見つけて、予防や治療を促すための制度であり、義務化が実施されました。

しかし、太っているのも一つの個性であり自由なので、国がそのような制度を設けるといことに納得がいかないという意見もあるようです。
このような意見も最もだと思います。

生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの予防とは言っても、人の体型にまで国が口出しすることは、国民を人間として扱っていないのではないかと言う人もいるようです。

しかし、指導を受けなければ気づかずに放置して改善に踏み切れないという人も確かに多いのではないでしょうか。
このような人を一人でも救うために国が動いて政策に乗り出したのです。

メタボ健診(特定健診)を受けることで、今まで以上に自分の健康や体型、これからの健康管理について見直すきっかけを作ってくれることでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

メタボ健診(特定健診):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://v.dp98.com/kenshin/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。